ステークホルダー

ステークホルダーとは、事業を行う上で利害関係が発生する相手のことを指します。

直接的なステークホルダーとしては、顧客や社員、取引先、株主や経営者などが挙げられます。

間接的に影響を受けるものとして、税務当局や行政機関、事業を行う周辺地域の住民などもステークホルダーと言えるでしょう。

直接的に利益を生んでくれる顧客は、ステークホルダーの中で最も重視するべき存在の1つです。

ステークホルダーとして顧客の気持ちを尊重し、満足度を高めていくことが必要です。

定期的に商品やサービスへの意見を募り、提供する内容に反映していくとよいでしょう。

顧客と同じくらい重要なステークホルダーが、事業に携わる社員です。

身内だからといってないがしろにしていては、社員のモチベーションを保つことができず、誰も事業の発展のために力を尽くしてくれなくなってしまうかもしれません。

そこで欠かせないのが、ステークホルダーとして社員を大切にする姿勢です。

その他のすべてのステークホルダーが持つ期待値を知り、その度合いに応じて調整を図ることで、どのステークホルダーとも良い関係を築きながら上手に事業を進めることができるでしょう。

 

この全ての人たちに八方美人の様に良い顔をしていたのでは、企業が成り立たないことがあるので、

このガタガタいう人たちの範囲は業績に応じて柔軟に変化させる傾向にあります。

厄介な相手の場合は「霞が関」「永田町」にのように地名で呼んでいます。

かなり、皮肉を含んでいるのかも?・・・・

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です