名誉会長とは

「名誉会長」は企業や学会、法人など各種団体の役職の呼称のひとつであるが、一般的に「名誉会長」は、「会長」を退いた者への、実質的な権限・責任の伴わない名義上の職「名誉職」として用いられる。

とは言われているものの、実態はその組織にしがみ付きたいという「執念」という役職では・・・

そもそも「名誉」とは、その人が所属する企業や団体などの組織の中で多大な貢献・功績を残したことが条件なのですが、その詳細は組織の中で基準が定められています。

が、建前で、多くの場合は人によって異なるケースが見受けられます。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です