戦略的代替案

戦略代替案とは、企業が取りうる経営戦略の選択肢で経営戦略を策定する前段階で、種々の選択案を出して
経営戦略を作ることです。

代替案とは
意思決定を行う際に、1つか2つの案を基に議論するより、もっと多くの案を比較検討するほうが「意思決定の品質」は高くなります。

当たり前のことだが、これを実践できている企業は多くありません。

戦略案の作り方も俗人的なことが多く、システマチックに検討している組織は限られています。

クリエーティブに、組織の経験や知見を生かしながら複数の戦略案(戦略代替案)を作るために「ストラテジー・テーブル」「ディシジョン・ツリー」などのツールを使えば、戦略代替案づくりをシステマチックに進められます。

 

と、言うことは建て前で、本命を通すために、落とされることを想定して考え出された案です。

本命の案が決まってから急遽探さてることが多いことから、代替案⇒大体案で良い

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です