長期経営計画

設定された経営ビジョンを実現するために、長期(5〜10年)でやっておくべきことを明確にしたものである。

中期経営計画が、売上や利益目標、ROEなどの定量的な数値で、課題も明確かつ具体的であるのに対して、長期経営計画は、将来的な見通しや今後強化していくドメイン(領域)、基本的な方針などが挙げられる。

組織で仕事をする場合は、目標が共有できていないと統率がとれなくなってしまいます。

メンバー全員が経営計画を共有することで、一丸となって頑張ることができるでしょう。

 

ですが、急速な環境変化のため、5~10年後を想定した「絵に描いた餅」であることは誰しも想定できるのに、思い切った計画を立案しろ!

と言われて、本気で取り組むと馬鹿を見るもの!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です