顧問とは

顧問とは、企業や団体、政府などから依頼を受け、専門的な知識や経験をもって補佐や指導に当たる役職のことです。

「アドバイザー」「ブレーン」などと呼ばれることもあります。

完全に社外の人間が選ばれる場合もありますが、元社長が相談役として顧問の立場で経営に関わる場合もあるのです。

顧問というと大企業にしかいないイメージを持ちますが、中小企業やベンチャー企業などのあらゆる企業が、広い知識を持った顧問の力を借り、事業の改善や業績向上に取り組んでいます。

相談役・顧問・参与の違い

役職 職務 常勤/非常勤 経歴 決定権
相談役 ブレーン、アドバイザ 内部顧問=常勤

外部顧問=非常勤

役員退任後
顧問 同上 非常勤 重役退任後
参与 専門分野・職能資格 常勤 役員就任前

 

本音は・・・

仕事に比べて、これまでの貢献度に応じて、高級を払うための取って付けた肩書!

相応の年齢に達していないと怪しまれる肩書!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です