CEO(最高責任者)とは

日産自動車の経営を再建し、カリスマ経営者として日本の企業風土まで変えたカルロス・ゴーン氏ですが、

逮捕され、日産会長の座も追われました。

19年間続いた「ゴーン時代」ですが、その幕開けは、1999年のことだったのです。

45歳で、仏ルノーから日産の最高執行責任者に就いたカルロス・ゴーン氏はたどたどしい日本語でリストラ策への理解を求めました。

国内5工場の閉鎖、3年半でグループの14%にあたる2万1千人の人員削減、「日産リバイバルプラン(再生計画)」と銘打ったリストラは、過去に例のない規模だった。

改革は結果となって表れ、2001年3月期決算は過去最高益を記録し、その後も最高益を更新し続けたのです。

バブル崩壊の後遺症から抜け出せずにいた日本経済にあって、「ゴーン流」は成功モデルの代名詞となりました。

業界に目を光らせてきた霞が関のベテラン官僚も「部材の調達費を安く抑えることに成功し、社員の無駄遣いも徹底して削り、死に体の日産をよみがえらせた」と手腕をたたえたいと思います。

 

本題のCEO(最高経営責任者)とは「社長」や「会長」では偉さが感じられなくなったので、海外から取り寄せた新しい肩書です。

社長や会長の経営に関する様々な手腕(能力)が疑問(問題)視されていた時代背景があったのでは???

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です