公益法人

公益法人は公益法人認定法により公益性の認定を受けた一般社団法人や一般財団法人をいいます。

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(一般社団・財団法人法)が施行されたことにより、公益目的でなくても、非営利目的(構成員に対し利益の分配を行わない)であれば、簡易に準則主義に従い一般社団法人や一般財団法人を設立できるようになりました。

さらに一般社団・財団法人法により設立された一般社団法人または一般財団法人のうち、公益法人認定法による公益性の認定を受けたものは、それぞれ公益社団法人または公益財団法人として税制上の優遇措置を受けることができます。

昨今、大相撲界の不祥事が取りざたされている「日本相撲協会」が正式な名称ですが、その日本相撲協会が公益財団法人です。

そこで「公益財団法人」とは一体何か…と疑問を感じますよね。

日本相撲協会は、相撲を社会全体に普及すること、競技として指導すること、相撲に関する伝統的な文化を普及することが目的になっていることから、公益性があると判断されているみたいです。

 

公益法人は非営利であったとしても事業行っていますが、「経営努力不足」という批判に対して、「公益性」、「公共性」と言う盾を持って言い訳のできる組織なのでしょう。

高級官僚が民間企業に天下る前のオードブル・・・

利益を出してはいけないので期末が最も忙しい・・・

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です