執行役員

執行役員は会社法的には経営者的な立場ではありません。

役員でありながら登記上の役員ではありません。

ですが執行役は会社に必要な役職で重要な役割を担っている事は間違いありません。

登記上の役員と言うのは代表取締役、専務取締役、取締役など、肩書に取締役が付く立場の人が該当します。

執行役員は役員ではないので取締役のような、会社の経営方針や重要事項に対しての決定権がありません。

執行役員は配置人数が決まっていなくて配置しなくてもいい役職ですが必要性が高いです。

常務執行役員は執行役員を配置する場合、執行役員の中では上の立場になります。

 

いわば、肩書は役員だが、使用人です。

サラリーマン双六の新しい上がり方なのかも?

取締役常務執行役員の肩書の場合非常に難解ですよ?

取締役・・・取締役会には参加する

常務・・・・専門部署の役員である

執行役員・・取締役会での議決権はありません

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です