子会社

議決権のある株式の50%超を、他の会社に保有されている会社を指します。

この際の他の会社を親会社となります。

 

たとえ50%以下であっても40%以上の株式を保有され、営業方針の決定権、役員の派遣状況、資金面等から判断して実質的に支配されていると判断される場合には、連結上「子会社」とされます。

子会社は連結決算の対象となります。

ある会社の株式を100%保有する場合は、完全子会社と呼ばれます。

 

証券取引法においては、子会社に準ずる関連会社が定義され、子会社と関連会社を併せて「関係会社」といいます。

子会社の目的は、企業が成長するための戦略として行われ、その一つとして提携企業を買収し子会社化することがあります。

また会社の規模が大きくなってきたときに検討する手法の一つとして分社化して子会社化することもあります。

子会社のメリットやデメリットは様々ですが、「本社に問題が発生した時にニュースバリューを下げるためにそっと移管する先」・・・トカゲのしっぽ切り???

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です