役員研修

トップマネジメント(取締役・執行役員・経営幹部)の経営力向上が、企業活力や競争力向上のための最重要課題であるとの認識に立ち、知識や技量を高めることが必要となります。

役員とは、いかにあるべきか、という問いから、一般的には企業の経営陣がグローバル水準で伍していくために必要な知識と心構えを身につける研修と位置付けられています。

具体的な課題として

役員には、部門を超え経営全体に責任を持つことが求められます。

そのために必要な、全社経営戦略策定や組織に対する考え方など、大局的視点と心構えを学びます。

厳しい経営環境の中で、健全な危機意識を持続し、企業価値向上に向けて組織を導くための、最高意思決定者に必要とされる決断軸を磨きます。

異業種間交流による相互学習により、自社・自分自身・経営に対する新たな気付きを得ます。

 

本来なら以上の心構えから知識や技量を磨くことにありますが、もはや動機付けは失われた研修となり、「役員の法的責任」、「株主代表訴訟」の講義の時だけ起きている研修となっている。

マスコミに注目されている「企業統治」、「法令順守」、「偽装・情報隠蔽」等々の社会的信頼を失墜するようなことを起こさせないための対策が主たる研修内容に思われます。

自らの護身のための対策では・・・

通常の研修ではゴルフの結果を披露し合う場となっています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です