新人教育

新入社員の一年間は、社会人としての土台を築く非常に重要な時期です。

この時期に、基本的なビジネスマナーやスキルだけでなく、主体的に仕事に取り組む姿勢や、
コミュニケーション力、PDCAサイクルなどを身につけておくことが今後の成長につながります。

新入社員研修は、昨今の新入社員の特徴を捉え、学生から社会人への切り替えに必要なスタンスやスキルを身につけるためのプログラムをご用意しています。

新人が早期に立ち上がり、戦力として活躍してもらうためには、「ビジネスマナー」や「業務知識の習得」だけでは不十分です。

ビジネスの基本となる「社会人としての意識・スタンス」を土台として身につけた上で、必要となる基本的なスキルや知識を学ぶことが重要です。

そうして学んだスキルや知識を、日々の仕事で活用することを通じて、少しずつ自信をつけて成長していくことにつながります。

新人の早期立ち上がりに業績向上に寄与できる教育を準備して実施されています。

 

しかし、現実は同期会結成のために会社が費用と場所と時間を提供して自己紹介の場となっており、通常この時期の研修の中身を全く覚えていないのが実態です。

社長であったり人事担当役員が考え抜かれた訓示や挨拶もほぼ記憶に残っていないでしょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です