OJTとOFFJT

「OJT」とは、「On-The-Job Training」の略称です。実際の職務現場において、業務を通して行う教育訓練のことをいいます。

部下が職務を遂行していく上で必要な知識やスキルを、上司や先輩社員などの指導担当者が随時与えることで、教育・育成する方法です。

単発的なアドバイスではなく、職務訓練として行うにあたっては、業務マニュアルや評価軸を設定して計画的に実施する必要があります。

 

OFF-JTは「職場外研修」と呼ばれ、職場を離れて社内の担当部署が考案したメニューや外部の研修機関が作成したプログラムを受講し、必要な知識やスキルの習得を図るというものです。

 

以上、現場教育や職場外での研修制度ですが、何もやっていない企業が会社案内に書くことが無いときに記載する教育・研修制度では???

OFFJTは腰痛を増やす制度として敬遠・・・

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です