アウトソーシング

企業が自社の業務を外部の専門業者などに委託すること。

技術やノウハウを持たない企業でも、外注することで、専門性の高い業務や新規事業などに進出することが可能になります。

自社で正社員を育成する場合に比べ、短期間かつ低コストで済むため、経営資源を有効活用できるというメリットもあります。

従来は主に情報システム分野にかかわる開発、運用、保守などの作業を、外部業者や系列子会社に委託する場合に使われることが多かったが、最近はそれ以外の業務全般にわたってアウトソーシングを利用する企業が増えています。

 

ですが、自分でもできるが、他人にやって貰った方が安いものを、他人にやって貰っている間に自分ではできなくなってしまうものです。

安いからと言って外に出していると社長まで要らなくなるかも?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です