グローバルスタンダード(国際標準)

バブル崩壊後の1997年ころより、日本人が従来の日本的経営に自信を失い出した頃に流行したもので、

官僚主導の統制経済、閉鎖的な市場、年功序列に基づく定年雇用などのこれまでの慣行と決別し、

世界で主流となっている株主権・会計基準・意志決定システムをグローバル・スタンダードを受け入れることが日本経済にとって好ましいことなのか否かをめぐって当時行われた我が国での論争の特徴は、賛成派も反対派も、グローバル・スタンダードを受け入れることを、

日本の伝統的システムを捨ててアングロサクソン型システムを取り入れることと認識していることです。

国際標準に類似した概念を、工業規格・会計基準などにとどまらず、企業活動・マネジメント手法・経済システムなどにまで対象を拡張させて使用されています。

注意する必要があるのは、経営手法・経済システムに市場占拠率などなく、国際的な取り決めによる一定の標準・ルールがあるわけではない」と指摘しています。

日本人の中には、グローバリゼーション、すなわちグローバル・スタンダードの押し付けによって、古き良き日本が失われ、世界のアメリカ化が進むことを嘆く人が多い。

しかし、グローバル・スタンダードを受け入れるということは、日本をアメリカ化することではない。

 

過去の因習を撤廃させるときに使う枕詞で、日本人は弱い、皆さんがやっておられます。

と、いう意味で使われています。

例外的な一国の標準を日本に導入しようするときに頻繁に使用されいるものです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です