外資系コンサルタント会社

アメリカやヨーロッパを拠点にワールドワイドな展開をしているファームが大半です。

ただし各ファームのローカライゼーションも徐々に進み、現在は単に欧米のベストプラクティスやフレームワークを転用するだけでなく、

より日本のクライアントが抱える悩みに密着した経営コンサルティングを手がけています。

大手として、次の様な企業がある。

マッキンゼー・アンド・カンパニー(Mck)は、1926年にシカゴ大学の経営学教授ジェームズ・O・マッキンゼーと彼の仲間達によって創設された経営コンサルティングファーム。

現在は世界60カ国、120拠点に14,000人以上のコンサルタントを擁する、まさにトップファームの一つとなっている。
日本法人は1971年東京に開設。大前研一氏を代表に経営コンサルティングの草分けとしてビジネスを展開した。

1979年に創設されたガートナーは、米国コネチカット州スタンフォードに本拠地を置く業界最大規模のITアドバイザリー企業。
世界に85の拠点を持ち、約1,200人のリサーチ・アナリストおよびコンサルタントを含む4,400人以上のアソシエイツで構成されている。
ガートナーのサービスは、ITプロフェッショナル向けのリサーチ・アドバイザリ・サービス、世界規模で開催されるイベント、CIOや情報担当者に特化したエグゼクティブ プログラムをメインにIT投資企業のビジネス・リーダーに及ぶ1万1,000社、6万人の顧客にとって、価値あるパートナーとしての役割を果たしている。

戦略系では
ボストン コンサルティング グループ
ベイン・アンド・カンパニー
A.T. カーニー他多数

IT系では
フューチャーアーキテクト
ウルシステムズ
ケンブリッジテクノロジーパートナーズ他多数

ですが、本質を見て見ると前もって温めていた案に、客観的な装いをするやめに表紙を作ってくれる会社なのです。

顧客にとって非日常的なことを日常的に行っており、真顔で「Whyの質問」ができる特権を持っている。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です