比較広告

比較広告とは自社製品と他社製品を直接的ないし間接的に比較することにより自社製品が優れた点を説得しようとする広告手法のことです。

自社と他社の製品やサービスを対比することによって、自社の優位性を強調し消費者を説得しようと試みる広告です。

他社製品への誹謗・中傷の可能性や景品表示法などとの関係で日本では控えられてきたが、1987年4月に公正取引委員会が「比較広告に関する景品表示法上の考え方」というガイドラインを発表したことで、その合法性が確認されました。

比較広告の実例としては、コカ・コーラを比較対象としたペプシコーラのCMが有名だが、近年では、利用料金を比較した電話会社の広告など、広くその手法が利用されるようになってきています。

 

自社製品と同じくらい優れた商品・サービスが存在することを顧客に知らせる広告です。

劣勢な企業が起死回生のために行う掛けの手法で、日本では売り上げより話題性で終わることが多い。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です