社内キャンペーン

社内キャンペーンといいますと、営業的なインセンティブが絡む形が一般的に多く、月間とかある程度の期間を決めて、目標金額に対す るインセンティブを設定する場合が非常に多くあるわけですね?

そのキャンペーンのインセンティブですが、下はクオカード一枚のような、ささやかなキャンペーンから始まり 、一部企業では数十万円に達する金銭的なインセンティブになる場合があります。

更には部門・部署別に目標設定をして、その達成率が部門長の評価にも繋がっている場合があります。

ここで気を付けることは、社内キャンペーンの対象が、数字を作る部署つまり営業社員だけのように、社内でキャンペーンの恩恵を受けることが出来る社員または部門長と、キャンペーンに貢献させられる社員が存在することです。

社内キャンペーンの目的とは
これが販売数を伸ばすとか、新商品のアピールとかを目的におくことが多いのですが、実はあまり、こういった目標設定は現場に浸透しずらいことが多いです。

とくに大手企業などで販売促進の企画部署が考えた社内キャンペーンは失敗することが多いのです。

それは何故なのか。

それは、店舗や現場にとってその新商品を売る理由が明確にないからです。

基本的に店舗や現場は単日や月間の売り上げ目標をクリアすること、それをどうやってクリアしていくのかということに興味関心があります。

少々粗い表現をすると、別にその新商品でなくても売り上げが取れればそれでいいのです。

でも、販売促進の企画部署や新商品の開発部署はその商品が売れないと困ります。

ここにブレが生じるのです。

 

一般社員にとっては社内キャンペーンは営業不振対策に一部になっていることへの不満があるはずです。

言い換えれば自社製品の強制的在庫処分ですし、更にはお客様に対しても、社内キャンペーンを理由に、購入を訴える営 業社員が出てくる場合があります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です