秘書

秘書とは、経営幹部の業務遂行を支援する職種のことです。

担当の役員が何を考え何を行おうとしているのか、常に少し先回りをして、彼らが気持よく職務を遂行できるよう補助することが秘書という職種のミッションです。

秘書と一言で言っても、大きく2つに分けられます。

一言で言えば、総合職が行う秘書、一般職が行う秘書です。

総合職が行う秘書とは
総合職の中でも将来の幹部候補となることが期待される中堅社員が抜擢され、担当の経営幹部に付きっきりで業務遂行をサポートし、必要によっては担当経営幹部に対して提言・進言を行うことも求められる非常に高度な職種です。

また秘書という業務を通じて、経営幹部の社内外活動に直に触れ、将来自分が同じ立場になった場合のシミュレーションを行うことも、暗に求められています。

経営幹部を補助するばかりでなく、将来同じ立場になって活躍できるよう準備しておくことまでも、会社は要求しているのです。

一般職が行う秘書とは
例えば郵便物の送付や、簡単な資料作成、社内のアポ調整、コピー取りからお茶汲みまで、定型業務であれば何でもこなす職種です。

 

ですが、本音は一人では仕事ができない役員(経営幹部)のお世話をするヒト

更には役員(経営幹部)が一人で仕事が出来なくなる事を加速させるヒト!かも?

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です